丸腰の秋、メッカにて

丸腰の秋、メッカにて

安曇野は、アートラインを行くべきである・・・・・・。北アルプス山麓の安曇野は、数多の流れが豊かな魚を育む水の里。だがその実情は、乱立する砂防堰堤に本流は骨抜きにされ、養殖産業の効率を上げるために用いられた外来種がその中を群雄割拠するのだから、これほどぶっ壊れたメッカというのも (more…)

尾瀬のマグネット

尾瀬のマグネット

人は別れるために人と出会うのか——。会者定離のもっとも辛い定めとは、この世で初めて出会った人との別れなのかもしれない。そう思えば、ときの瞬間すべてが愛おしく胸を突く。「思い出」は「思い出す」のではないという。「思いが出る」我知らず思いが出てしまうことに自らの意志は関与しない。ならばその思いを強くすべく (more…)

輪行キャンプ旅、それがまにまに

輪行キャンプ旅、それがまにまに

115系弥彦色に揺られながら録り溜めていたラジオを再生した。『民謡沼めぐり』春スペシャルは、酒造り唄特集。酒造りの工程に沿ってその労作唄を紹介する日本酒ファン垂涎の内容だけでなく、アルコール添加(通称アル添)の日本酒と三味線が入る新民謡(シャミ添)には歴史的な (more…)

絶望的な自由を写す

絶望的な自由を写す

そもそも日帰りする旅程ではありませんでした。残雪の山で体力と気力を完全に奪われてしまい、ハイウェイパーキングで朦朧としながら地図を捲るも、復路はまだ「絶望的」な距離を残していました (more…)

市井のストロングスタイル

市井のストロングスタイル

ドイツでは来年までにすべての原発が停止されるというのにこの国は、オリンピックですと?——大会前の強化合宿だったのか、病気療養前からもよく駅前広場で見かけたあの競泳選手でしたが、復帰後はやはり細くなったように見えました。それでも競泳選手の肩幅と言ったら、力士やプロレスラーの (more…)