足りないものは

足りないものは

「目が合ったら殺されそうだった」と、武隈親方が横綱朝青龍の気迫を回顧した。あの大関豪栄道を持ってしてもこれなのだから、その恐ろしさは計り知れない。覇気なく途中休場した二大関に対して、ご時世には到底通用しない「根性論」まで持ち出して激励した解説者の言葉に鑑みれば、今の力士たちに足りないものが見えてくる (more…)

まだ泣くわけには

まだ泣くわけには

また笑える日が来ることを信じてと、劇的な復活優勝にも関わらず、淡々と振り返った照ノ富士に、相撲道の神髄を見せられた。怪我による大関からの陥落でなめさせられた苦汁や辛酸、それよりも糖尿や内臓疾患での不調は本当に辛かったろう。それでも引退を慰留させた師匠の言葉を信じて (more…)

夏の地方巡業花相撲

夏の地方巡業花相撲

開場前の列で後ろに並んだのは、着物姿の淑女たち。どうせ、お目当てはイケメンの関取だろうと会話に聞き耳を立てれば、やれ呼出がどうの行司がどうのとマニアック!開場後は力士たちの握手会に並ぶではなく、呼出や行司と記念撮影。まったく、大した大相撲ファンだと感心した。確かに、何ごとにも熱くなれないやつはつまらない (more…)

浪速の荒れる旅情

浪速の荒れる旅情

名古屋の諸兄たちは「近鉄」で行けという。近鉄には旅情があるという。

新幹線の切符を払い戻し、まだ見ぬその近鉄の旅情にもだえ、ときめきながらホームで特急を待った。あれがビスタカーか、それともアーバンライナーなのか。列車は寸分の誤差もなく私の前で停車し、運命的な白煙を上げるようにしてドアを開いた (more…)