熊野本宮の湯

熊野本宮の湯

熊野三千六百峰の連なる山々がひとたび深い霧の中に包まれると、森は静寂の道を細く長く開き、それが別の入口に続いているかのように思わせた。

多くの自然景が残された紀伊山地で崇拝される神々は樹木や巨岩、滝などにとどまらず、熊野三山の本宮には阿弥陀如来、新宮に薬師如来、那智は千手観音が鎮まるという神仏習合で (more…)

美作三湯をめぐる

美作三湯をめぐる

普通に出された諏訪泉の熱燗が美味いのなんの。純米酒の本場である鳥取の酒は普段から愛飲しているが、まだ知らぬ久米桜を一口含んでみてアハハ、美味い。旨味の輪郭をはっきりとさせる強力などの特産米に始まり、完全発酵の技術により長い熟成に耐えうる強い酒質が醸されて、まろやかな香味と素晴らしいキレを併せ持つ純米酒になるという (more…)

山と川と山陰の古湯

山と川と山陰の古湯

大山(だいせん)は言わずと知れた西日本を代表する山で、中国地方最高峰の独立峰。出雲風土記に火神岳として登場するその古き神山は、西側からの姿を富士の名を付けて呼ばれるが、北側や南側に回ると一転して、むき出しの岩肌が屏風のようにそそり立つ。本州の温泉の多くは山深き東で力強く湧いているが、数で負けてもたおやかな西の温泉は古い歴史を持つ湯も多く (more…)

城の崎にて

城の崎にて

面倒な電話を聞き流しながら、右手でマウスを動かしていた。ネットニュースの報道にマウスのポインターが急停止すると、受話器は左手から力なく落ちていった。「寺門亜衣子アナ、結婚——」

まるで雪のような色白で、小柄だが元気いっぱい。時折見せる変顔がとてつもなく愛らしいNHKアナウンサーのお相手は (more…)

みちのくの混浴

みちのくの混浴

やっぱりいい湯だと、黒湯温泉でいつになく浮かれ気味。鼻歌交じりで茅葺きの自炊棟を曲がると、おおお!すごいカワイイ子が!思わず二度見して、三度見で見抜いた。これは堅気じゃないなと。おおお!しかも、混浴風呂の方へと向かって行くではないか—— (more…)