ロードスターへ

ロードスターへ

整理をしていたら懐かしいカレンダーが出てきた。80年代をまだ引きずる1990年は1月から黄色い車が飛ばす——。

あの頃に夢中で読んだCALマガジン。「この車に乗れないなら、俺は電車に乗る」KMCのクォーザーを履いたソリッドカラーのピックアップに添えられていた言葉に、今も心は奪われたままだった。欧州車のポンコツっぷりに驚嘆しながらも、自身のルーツをもう一度 (more…)

西ドイツは誘惑する

西ドイツは誘惑する

TTに履かせるため、ATSのDTMホイールを格安で購入していたのだが、どういう計算をしたのかオフセットを間違える。ツライチというより、ほとんどハミタイの予定だったのに、全然出てこないじゃないか——。やっぱりさぁ、schmidtのTH-Lineとかなんじゃない?と周りはやんやと言うけれども、そんなの車体より高く付くじゃないか—— (more…)

車の三大疾病

車の三大疾病

自動車にも三大疾病があったとは知りませんでした。

最高峰でありながらも「ガラスのミッション」と揶揄されるZF製のミッションが、ついに故障の悲鳴を上げました。オーバーホールにリビルトと、どちらにせよ大枚を要する最大級の痛みを伴うその費用が厳しすぎる現実を突きつけます。ついこの間、点火系の修理をして数十万円が飛んでいったにも関わらず、半年を待たずして一本にも達する修繕費はもうアメ車なんて比じゃない。私史上、一番壊れた車は78年式のDODGE VANで (more…)