タフでエクストラな後遺症

タフでエクストラな後遺症

最近は何をやっているのだ、どこで呑んでいるのだと、旧友が集まれば話はいつも一緒。気になるようで気にならない、気楽な会話が冗談交じりに、どうせ今でもGOD’S GUTS聴いてんだろうと(スポーツジムでBLOW ONE’S COOLを聴いていたから動揺したが)。しかし、何に金を遣っているのだと問われてみれば、どうして薄い財布の中身までもがあの頃のままで (more…)

軽さの仕組み

軽さの仕組み

業務には関係なさそうな大きなバッグの中身を問うと、「カメラです——」声を潜めた担当者。仕事が終わったらその足で星空の撮影に向かうのだと言う。カメラ談義に花を咲かせたあとは、やれ防湿庫だのメンテナンスだのと機材以上にのしかかる重たさを吐露。もはや辟易していると言っていたが、それでも重たい機材を担いでいく顔は「笑顔」だった (more…)

弘前にて

弘前にて

角界一の巨漢力士、大露羅が今場所で引退——。故北の湖理事長の付け人にして忘れ形見である力士だから、理事長との逸話が多く、厳しい男社会の中で一際ハートフルな話は琴線に触れるものがあった。相撲界における師匠と弟子は親と子であり、育まれた絆はときに国籍はおろか血縁をもしのぐことがあるのかもしれない。引き寄せられたような出会いとは (more…)

散財の人相学

散財の人相学

人相学に明るいという人に、その黒子は文章力に関わるものだと言われた。ホントかよと言いつつも、若干浮かれ気味でこっそりネット検索。「左 眉尻 ホクロ」と打ち込むと、出てきたのは

「散財の恐れあり」 (more…)

はじめての精進料理

はじめての精進料理

田舎町の交差点で、競泳の池江璃花子選手とすれ違った。私服でぶらぶらと散策中のようだったが、さすがはアスリート。肩幅からして常人と違う。私のあまりの凝視に思わず振り返った顔には、特徴のある黒子がふたつ。確信して、すぐ前を歩いていた同僚に追いつくと (more…)